相続関係

相続関係

「相続」が「争族」にならないように

 

「相続なんて一部の金持ちの人たちだけの問題で、自分には縁のないこと」このように思っていませんか?
裁判所ホームページで公表されている司法統計によると、平成30年に認容・調停が成立した遺産分割事件のうち、なんと約75%が遺産総額5,000万円以下のものとなっています。

 

遺産が少ない場合は「相続財産は自宅と少しの現金のみ」こういったケースは多いと思うのですが、この相続が一番揉めるものです。
また、不動産が親の自宅で、子どものうち一人だけが同居していた時はなおさらです。
同居の子どもが単独で土地を相続する代わりに、他の相続人に法定相続分を現金で渡すことが可能であればいいですが、なかなかそのような多額の現金を支払う金銭的な余裕はないと思います。
とはいえ、不動産を共有名義で相続すると、後々利用することや処分が難しくなるので大抵の場合は望ましくありません。

 

こうなると家族だけで「話し合いで解決」というのは難しいかもしれません。
その結果、話し合いによる遺産分割ができず、家庭裁判所に頼るしかなくなるのです。

 

 

こういった事態を防ぐためには、遺言書を作成し、自分の希望を正式な書面として残しておくことです。
ご家族個々人の性格などを考慮し、「こういったことで揉めそうなだな」といったことに事前に対処しておくのです。
その「揉めそうなこと」の解消法を、専門家やご家族を交えて話し合い、様々な検討を重ねていくのです。
そうすると、解決策への糸口が見えてくると思います。

 

その際、当事務所をご相談相手として利用していただければ幸いです。
一緒に、より最適な解決方法を模索していきましょう!